都市や街は見知らぬ人々と出会える可能性の場所。 照明や環境はこの可能性を手助けしてきた。 スマートな照明にはさらに何ができるだろうか? たとえば、光は出会いの媒体になれるだろうか? 人々の意識と光を繋げて、光を通じて他者と出会う照明を提案する。

照明の変化を舞台に2人の観客が自分の意思を表現し合うセッションの場を作ります。 普段は表情の奥に隠れている意思が光に変化して外に現れます。 具体的には集中度を頭につける眼鏡型デバイスで計測し、 集中すればするほど照明が明るく点灯します。 照明には一人一人の観客に対応した合計2つの明るさの中心があり、 その周辺で2人を表す照明の明るさが交わります。

Written by admin