バイオ+街 建築家になれなかった私が生き物の力を借りて街にとりくむとしたら

2016年

2月の21日に科学とアートのフィルムフェスティバルBIO·FICTION 特別企画で5分間トーク(ピッチ)しました。http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/bio-pitch/

私のテーマ「バイオ+街 建築家になれなかった私が生き物の力を借りて街にとりくむとしたら」でした。

まとめるとこういう内容でした。

インタラクティブアート、インタラクションデザイン、UXの仕事をしてきた私が、街(の風景や体験)に取り組もうと考えた。IoTやモバイル機器だけでなく造園、ランドスケープと人の関わりを調べる中でパイオニアたちの仕事に出会った。ここで様々なアプローチがそれぞれの分野であることがわかりましたが、自分が作家として、デザイナーとしていまできることは、それぞれの分野の中の職能をきわめることとは違うと考えた。例えば、interventionのコンセプトは、インタラクションの研究、活動だけでなく、アート、ランドスケープを通じたコミュニティ作りにつうていしたものだ。今回はバイオがテーマなので、そのなかでもゲリラガーデニングの話をします。ボトムアップの力で街の風景に関わろうとする人々のアクションだった。まず最初に自分の見識と経験値をあげるために短い時間でゲリラガーデニングをしようと計画している。

ピッチを終えて、他の発表と比較すると、私の発表、またそこで企画したゲリラガーデニングも、バイオ技術とそれに関わるデザイン、アートの世界と少し立ち位置が離れているように思います。

かつて私がインタラクティブアートに興味を持ったときにはその多くは研究室や専門家がメンテナンスする美術館の中にあるものでした。街の風景や体験を作りたいと考えた私は無理やり自分の作品を街の広場に持ち出しましたが、

数年前に博士課程のプロポーザルのため、人をつなげるという私の作品のテーマがどのように世の中で実現されているのかをできるだけ広い分野で調べました。

私が生き物を扱うことにどんな意味を見つけられるか、ヒントがありました。以下のヒントは、私の植物の個体、公共の場所のありかた、といったテーマと一見離れていて、さらにDNAのような分子レベルの話を前提としているのですが、しかし生き物全般とデザイン、アートのかかわりについてヒントになります。

BioInfomatics(生命情報学)の研究者の発表

生命はコンピュータのプログラムのようにリセットできない。完全に制御できない前提で取り組むものだ。(藤村による勝手な翻訳)

岩崎秀雄先生

生物学的対象としての生命と、情動的体験的な関係、対象としての生命があり、この関係をメビウスの輪のように循環させるのが(岩崎先生にとっての)生命美学であり、アートだ。

金沢21世紀美術館で開かれている展覧会Ghost in a shellの関連イベントで展示

12548858_10153934729138552_7882607174214923576_n12642547_10153934728768552_5299416260366369791_n

金沢21世紀美術館で開かれている展覧会Ghost in a shellの関連イベントで実は先週末展示していました。

遺伝子に隠された情報を繫がりの鍵として集まる人々の様子。。をSF詩的に描いた作品です。私は”遺伝子の中の情報を読み取る”というという体験を作りました。もちろん実際には遺伝子を読み取ることができないモックアップの機材を作ったのですが、未来にはこのようなガジェットを使った人の繫がり、集まりがあるのではないか、そう信じたメンバーたちのグループ作品です。

夏に参加したバイオアートハッカソンのチームメンバーでの参加でした。作品写真など手に入れたらまたアップします!

キュレータの Yohsuke Takahashiさん、ハッカソンのチャンスをくれたBCLの皆さん、作品Family Reunionチームの皆さん、そして協力してくれたうちの家族、ありがとう!

https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1726

スマートシティはもっとリーンスタートアップ(無駄のない、はじめたてのベンチャー企業)のようになるべき

こんにちは、

私は、ここ7、8年、情報家電のユーザ経験デザイン(UX)の仕事を中心に活動してきましたが、もともとは建築デザインとメディアアートの活動をしていました。街をもっとインタラクティブに、人に反応する環境にしたい、という思いからこのようにキャリアを転々としてきましたが、ここ数年は、具体的に街の空間を作る仕事を手掛けたいと、準備をはじめました。

今は丁度クリスマス前で、インタラクティブなイルミネーションやプロジェクションマッピングなど、街の空間と私たちがやりとりできるようなエンターテイメントがニュースになっています。

一方で、こういった技術やテクニックが、日常の街の一部としてどう役立つのかは、まだ未知数です。ここに私は挑んでみたいと思います。

今日はひとつ、スマートシティを、スタートアップ企業のやりかたを参考に作り上げようという記事の翻訳を読んでいただきたいと思います。スマートシティとは、ここ数年は日本の状況もあって、電力グリッドなどのインフラについてのことという印象がありましたが、この記事では街に住む人の生活に焦点を当てています。

ではどうぞ!

以下は、この記事を私が翻訳してみたものです。

Smart Cities Should Be More Like Lean Startups

by Boyd Cohen

http://www.fastcoexist.com/1680269/smart-cities-should-be-more-like-lean-startups

動きの早い企業の最新の理論から、未来を目指す街は何を学べるか?

まず、Eric RiesのLean Startupを読んでいない人に説明すると、その基本コンセプトはこうだ:スタートアッププロセス(ベンチャー企業をはじめるときのプロセス)について今までなされてきたことは、すべて間違いだ。長いビジネス計画を書いたり、初期の資金を集めたり、1年くらいかけて初期の試作品を作ったり、、これらの代わりに、最小限の実行可能な製品(minimal viable product, MVP) を中心に、繰り返し試したり、継続して学んだりするようなやりかたを支援すべきなのだ。早い時期の顧客の反応に応じて製品、サービス、またはビジネスモデルを継続的に調整したり、また時には大きく変更することで、スタートアップ(ベンチャー企業の初期のこと)はその成功の見込みを良く出来るし、もし失敗したとしても、より速く、より損害を少なく失敗できることになる。

私は過去数年、持続可能な都市と、スマートシティに没頭してきた。そういうわけで、Lean Startupとスマートシティの概念をどうやったら結び付けられるか、自然と考え始めたのだった。

私にとって、Lean Cityというアイデアは、Smart Cityの考え方と相補的(互いに補いあう)ものだ。Lean Startupの原理は、発明家は、自分が作る最小限の実行可能な製品(minimal viable product, MVP)への反応についての仮説をもち、さらにその結果を綿密に計る準備をしておく必要がある、と提案している。Smart Cityのしくみはその効果を向上するために、センサーとそのリアルタイムなデータを使って主要な計測をする場合が多い。たとえば、最近私は一千万のセンサーが22万5千人しか住む計画のないポルトガルの新しい都市計画で使われるという記事を書いた。

(記事は http://www.fastcoexist.com/1679915/baking-innovation-into-new-smart-cities

私は”センサーとデータの豊富な使用例”以上の、より広いものとしてSmart Cityの定義を考えている。センサーの価格の低下と使用の容易さの増大は、世界中のSmart Cityでその重要さを増してゆくだろう。このトレンドは完全にLean Startupの原理に沿っている。

もうひとつのLean Startupsのキーになる概念は、最小限の実行可能な製品(minimal viable product, MVP)の創造と繰り返しだ。最小限の実行可能な製品(minimal viable product, MVP)は、最適化された最小限の製品またはサービスで、発明に対して使用者がどう反応するかについての仮説を検証するために開発されるものだ。

都市はMVPをもっと使うようになる。もちろん常識的にはそれは”パイロットプロジェクト(試しに運用する小規模な計画)”と呼ばれるだろう。数ヶ月前、私はサンノゼのデモプロジェクトについて記事を書いた。地域の持続的な経済の発展を街が発明し、または支援するために、パイロットプロジェクト(MVP)たちを合理的に使えないかどうか、探ったのだ。

(記事はhttp://www.fastcoexist.com/1679261/how-can-you-build-a-smart-city

Lean Startupsの2つの教義:仮説のテストと計測、そしてMVPの使用、を、SmartCityの文脈にすばやく応用してみよう。

今年の3月まで、私はMount Pleasantという、住宅地域に商業施設がある幹線道路がついた、バンクーバーの中心部から自転車で数分の場所に住んでいた。先見的な市長であるGregor Robertsonのもとで、バンクーバーは2020年を目指して世界の最もグリーンな都市を目指している。

Robertson市長のチームは、車に対して歩行者と自転車にのる人への優先度を上げる総合的な取り組みを続けている。この取り組みはもちろん誹謗者も生んでしまう、むろん私はその一人ではないけども。バンクーバー中心部の駐車スペースをなくして、主な橋に増大する自転車交通のためのレーンを作る以外にも、市はMVPを使った取り組みをしている。Mount Pleasantでは、商業地域の幹線道路でにある2つの駐車区画を公園のベンチに置き換えた。街路とコミュニティの活性化を期待してのことだ。

もしバンク=バー市がこのプロセスにLean startupの方法論を応用するとしたら、こんなふうになるのではないだろうか。

01:仮説を作る:

規則的、戦略的に市全体の駐車スペースをなくし、緑の空間またはコミュニティの空間に置き換えることで、同じブロック(日本の感覚でいうと、何丁目という単位?)のなかでの居住者同士の交流の量を増大させる。という仮説。

02:仮説を検証するための測定の基準を決定する:

その街路にいる住民の数を、このテストプロジェクトの前と後で比較する。1日のなかで違う時間に、週日と、週末に。住民の数だけではなく、いる時間の長さも、プロジェクトの前と後で比較できるだろう。という測定基準

03:MVPを開発する:

この計画の場合、市はとても低いコストで、少ない影響を与えるテストプロジェクトを作る良い仕事をしているといえる(うまくいくようにという希望のもとに市全体に1000個のベンチを作ってしまうよりずっと良い)

04:結果の測定:

02で決めた測定基準に基づいて、安価なセンサーを用いたり、観察者を使ったり、または携帯電話用アプリを使ったりして、測定する。

05:繰り返し:

04での分析を梃子に、同様のモデル(考え方)で実験する。たとえば同じ場所で、しかしそこを運動用の公園器具を置くような使い方にしたり、または小さな芸術の展覧会をしてみたら、どうなるだろうか?

06:繰り返しの結果を測定して、さらにほかのMVPを作ってみる。

一度このプロセスがコミュニティ内の交流のゴールに到達したら、おそらくそのプログラムを他の近隣地域に広げる時だろう。

Smart Cityは納税者からのお金と資源の効率的な利用を目指すものだ。Lean startupの思考を応用するのは、都市居住者の生活の質の向上と効率化に達するための有効な道具になるだろう。これはさらに良いサービスの獲得にも繋がるだろう。役所の仕事を減らしながらも、小さな企業が町の発明に参加し、地域の発明を促す可能性がある。しかしこれはまた別の仮説で、検証し繰り返されるべきものだ。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

おまけに、私が2013年に取り組んだ、バーやレストラン向けのインタラクティブな照明Limelightを紹介ビデオをお楽しみください。

では、皆さん良いクリスマスとお正月を!

藤村憲之

牛込陽介さんによる”スペキュラティブなデザイン”ワークショップに参加

http://wired.jp/2015/05/20/arbitrary-future-f/

推測のデザイン(Speculative Design)に取り組んだシナリオです。

画像:自分が食べる鶏から送られてくるメッセージ。

養鶏場はいらなくなった。
ベランダのエアコン室外機の隣にある可愛いボックスがうちのにわとりだ。卵をボックスにいれると、最後には食肉になってでてくる。
外から中を見ることはできない。
このなかには確かににわとりのQちゃんがいる。
うちの長男が名付けた名前だ。
長男は毎日ゲームの世界でQちゃんと冒険をしているそうだ。
Qちゃんはボックスの中にいるが、VRで広い世界に繋がっている。毎日うちの長男と草原を駆け回り、良いドラゴンとして火を噴き、お姫様を長男と一緒に助ける。
そしてある日、Qちゃんは私たち家族に別れを告げる。いろいろな思い出と一緒に、私たちはQちゃんをローストして食べるだろう。
長男は、Qちゃんは悪いドラゴンの炎に敗れたのだという。

自分が食べるものと自分はどのように関わるべきか。

家の庭に鶏入りボックスがあり、子供はVRを通じて鶏と精神的レベルの交流を図る(ここが泣ける部分だと思う)。しかし本来の、大人的な目的は新鮮で安全な鶏肉の供給であり、別れは必ずやってくる。

*6月に参加した牛込陽介さんによるワークショップで3人のメンバーTsuyoshi Ieta Minori Fujii Yasushi Takamatsuと共に半日で作りあげた未来の仮説です。
http://wired.jp/2015/05/20/arbitrary-future-f/

*課題は、以下の2つをヒントに任意の未来を描くこと
1)養鶏場の鶏のためのVRの記事 http://techcrunch.com/…/an-oculus-rift-for-chickens-gives-…/
2)takram社のデザイン方法のひとつ、拡大・縮小

*鶏肉をマスプロダクトとして作る工場である養鶏場が、個人用の箱になって家にやってきたらどうなるか。
*VRの世界で鶏がその精神的健康を維持する、という研究をヒントに、鶏達が子供達の冒険の友となるVRゲーム世界を想定した。
*鶏が大人になることは、人間の食卓に乗る時期が来たということであり、ゲームの世界で子供は鶏と別れなければならない。
*自分たちが食べる相手と精神的なつながりを得るとは、どういうことなのか、単に辛いのか、あるいは、それはあるべき姿なのか。

静岡文化芸術大学での講演

静岡文化芸術大学でインタラクションデザインを教えている和田和美先生に招かれて、インタラクションデザインとプロダクトデザインを学ぶ学生達にレクチャーを行いました。ユーザ経験デザインの基本について、都市空間でのアートについて、そして最後に私が今大学院で研究している都市の照明について話しました。レクチャーは東日本大震災の3ヵ月後に行われ、電力消費を抑えるために暗くなった東京の夜景の写真を見た学生達との対話で私は多くの意見に接することができました。

リスボンでの(IN)Visible Time展の会場構成に’Time Lapse Studies’を提供

 

(IN)Visible Time は、日本の若い建築家の紹介を目的にリスボンで開かれた展覧会です。私は展覧会の企画者であるコブフジの依頼で、展覧会場の長い壁面にCG作品を制作しました。

東京の都市の特徴を伝えたいという企画側の依頼を受けて、Time Lapse写真の原理を使って渋谷の交差点、駅のエスカレータ、コンコースの人の流れとその変化を長い画像に変換、東京の密度とスピードを伝えようとしました。

東京国際交流館 交流研究発表会での基調講演

 

東京国際交流館の学生や研究者の方々に機会をいただき、”恋愛と結婚”についてアーティストの視点から基調講演をしました。私はこのテーマに、現代の社会がもっている個人の自由と、孤独と、繋がりの難しさについて話すことで臨みました。

自身の作品がもっている、人を繋ぐしくみについてと、現代美術の作品群の中からマリーナ・アブラモビッチの作品、Andrea Zittelの作品、IDEOによるKiss communicatorなどを紹介し、現代の社会がもっている個人の自由と他者からの距離を求める欲求と、その副作用としてもたらされる孤独、そしてこの矛盾を乗り越えて繋がって生きることの難しさがどのように描かれてきたかを紹介しました。

独立行政法人 日本学生支援機構のレポートページへ

以下の作品を紹介しました。

I introduced following artworks and designwork during the talk.

‘Remote Furniture’, Noriyuki Fujiura, 1999

‘Kiss communicator’, IDEO, 1999

‘Rest Energy’, Ulay and Marina Abramovic, 1980

‘Pocket Property’, Andrea Zittel,1999

[Link to artist’s page]